自動車

2018年12月 1日 (土)

スズキ ハスラーはアウトドアに適し機能 装備が充実

スズキ ハスラーは、

アウトドアユースに適した機能や装備が充実し、クルマを趣味の道具として使うには
うってつけです。

もちろんそれらの機能は、毎日のドライブを強力にサポートしてくれるはずです。

S・エネチャージを搭載したことに、より発進、加速性能がさらにスムーズとなり、
爽快さが増しています。

エンジンとCVTの相性も良好で、低燃費に貢献しています。

2018年10月13日 (土)

ダイハツ ミライースの評価

ダイハツ ミライースは、

飾らないシンプルなつくりが光る、スマートスモールカーですね。

ダイハツ ミライースの評価をみますと、
シンプルな作りは、ボディの軽量化にも効果があり、
走りに影響をもたらしています。

ただし、路面の凸凹で生じる突き上げが大きく、
落ち着きのなさは否めないです。

運転のしやすさは、
サイズとボディ形状により見切りがいいです。

車両周辺の状況も把握しやすく、
メーターやスイッチがシンプルなデザインで、
これも運転のしやすさに効いています。

2018年6月23日 (土)

日産 デイズルークスの乗り心地

日産 デイズルークスのフォルムは、

ダイナミックで立体的な造りで、室内空間も上質で快適さを実現しており、
特に室内高は、ミニバンも凌ぐレベルにあります。

この広々とした空間を生かして、居住性や実用性は優れたもので、
日産 デイズルークスの乗り心地も、すごくいいものとなっております。

運転のしやすさとしては、
Window 面積が大きく、前後左右の見切りがよく、
車両感覚がつかみやすくなっています。

運転席周りはシンプルなデザインとし、
メーターの視認性も良好となっています。

2018年5月18日 (金)

ダイハツ ハイゼットカーゴの大容量荷室

ダイハツ ハイゼットカーゴは、

2017年11月にマイナーチェンジされました。
ハイゼットシリーズは、生産累計536万台を誇っています。

その中でもエンジンをフロントシート下に置く、
セミキャブオーバーレイアウトを採用したのがハイゼットカーゴです。

カーゴ専用の新プラットフォームが用意され、
今まで以上に快適で実用的なモデルに仕上がっています。

特に積載性では、出っ張りの少ない大容量荷室に、
大開口スライドドア&バックドア、低床フロアとすることで、
荷役性アップを実現しています。

2017年12月 9日 (土)

三菱 ミラージュのデザイン

三菱 ミラージュは、上級グレードでも、150万円を下回る価格という、

リーズナブルな小型車です。

躍動感を強調したデザインを採用することで、チープな印象は皆無です。

小排気量エンジンを搭載しますが、出力とトルクを効率よく引き出す
CVT を組み合わせることで、動力性能に不満はありません。

軽量化や風力特性を追求したことも、走りに効いています。

運転がしやすく実用的で、コストパフォーマンスの高さが際立ちます。

2016年10月29日 (土)

新型日産マーチパリモーターショー

日産 5代目 新型マーチ(Micra gen5)パリモーターショーが、
10月上旬に世界初公開されましたが、
日本ユーザーから絶賛の声があがっております。

「まさか、ここまでユーザーからの“引き”がいいとは、
考えていませんでした」。

10月上旬の仏パリショーで世界初公開された、
日産のコンパクトカー新型マイクラ。

Vモーションのフロントマスクと、ブーメランランプ・シグニチャーのリアビューは、
まさに次世代日産デザインの集大成でありました。

日本国内向けにはマーチですが、日本ユーザーの関心度が極めて高いという声が、
日系自動車メディア各社から聞こえてきているのです。

「関連記事」

その他のカテゴリー